エヴァンゲリオンTV放送20周年ということで、再入門してみました。
◎ スポンサーリンク


聖書ですが、詩篇読み終えました。ヤッター\(^o^)/
長かったです。150篇ありました。最後は”主をほめたたえよ”の連呼でした。

今は、箴言(しんげん)を読んでます。

にほんブログ村 アニメブログ 新世紀エヴァンゲリオンへ
にほんブログ村
聖書ですが、まだ詩篇を読んでます。

詩篇に、"[セラ"というのがたまに出てくるんだけど、
なんだろう?と思ったので調べてみると、
音楽用語で休止を意味するようです。

誤植だと思ってました(^_^;)

にほんブログ村 アニメブログ 新世紀エヴァンゲリオンへ
にほんブログ村
聖書ですが、詩篇の
途中までを読みました。
詩篇は数が多いです…

詩篇ですが、神を賛美するものを中心に
神にお願いするもの、不満をいうもの等が
うたわれておりました。
面白いかと言えば、う~んという感じです(^_^;)

にほんブログ村 アニメブログ 新世紀エヴァンゲリオンへ
にほんブログ村
聖書ですが、ヨブ記と詩篇の
途中までを読みました。

ヨブ記ですが、神(サタン)から試練を与えられ
その信仰心を試されます。
いろんな人が出てきて、いろんなことを言います。
(言い回しが難しくよく分かりません)

結局、神から許されて(なぜだか分かりませんが)
ハッピーエンドで終わります。
筋は単純だと思いますが、あまりよく分からないお話でした(^_^;)

にほんブログ村 アニメブログ 新世紀エヴァンゲリオンへ
にほんブログ村
聖書ですが、歴代志下、エズラ記、ネヘミヤ書、エステル記とヨブ記の
途中までを読みました。

歴代志下ですが、また王が偶像を作ったり、他の神にのりかえたりして、
神が怒り罰せられる展開や、偶像を壊したり神の正しいしきたりに戻して
救われるといういつもの展開です(^_^;)

エステル記は、アハシュエロス王の王妃となったエステルがユダヤ人を
救うというもので、物語になっていて面白かったです。

にほんブログ村 アニメブログ 新世紀エヴァンゲリオンへ
にほんブログ村